法人税5%引き下げ決定 財源確保は難航

印刷

   2011年度税制改正で焦点となっている法人減税は、国税と地方税を合わせた実効税率を5%引き下げることで決着した。菅直人首相が10年12月13日、野田佳彦財務相と玄葉光一郎国家戦略担当相に指示した。5%引き下げることで約1兆5000億円の減収が見込まれるが、これまで確保できた財源は6500億円にとどまっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中