2018年 7月 20日 (金)

業平橋駅改め「スカイツリー駅」 開業に合わせリニューアルも

印刷

   東武鉄道は2010年12月27日、東京スカイツリーの2012年春の開業に合わせ、玄関駅である伊勢崎線業平橋駅をリニューアルし、駅名を「とうきょうスカイツリー駅」に改称すると発表した。

   改称することでスカイツリーの玄関駅としての認知度を高め、業平橋・押上地区の活性を目指す。乗降客の増加が見込まれることから、階段や改札口の増設など、駅全体の快適化を図る。

   同社はまた、スカイツリーを中心とした業平橋押上地区開発計画の施設全体の名称を「東京スカイツリータウン」に決定したことも発表した。

   うち、商業施設は「東京ソラマチ」、オフィスは「東京スカイツリーイーストタワー」に決定。「ソラマチ」は「タワーのある街」であることをわかりやすく表現し、「伝統の下町文化が根付く街であること」「商業施設の名称としてこれまでにない斬新さ」を両立させたネーミングだという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中