菅首相が小沢氏に求める 強制起訴後に「出処進退明らかに」

印刷

   菅直人首相は2011年1月4日の年頭記者会見で、「今年は『政治とカネ』の問題にケジメをつける年にしたい」と強調した。

   政治資金規正法違反の罪で強制起訴される見通しの小沢一郎元民主党代表を 念頭においたものと見られる。

   小沢氏が強制起訴された際には、

「政治家としての出処進退を明らかにして、裁判に専念されるのであれば、そうされるべきだ」

と述べ、議員辞職をも視野に入れるべきだとの考えを示した。

消費税の増税議論開始に前向き発言

年頭記者会見に臨む菅直人首相
年頭記者会見に臨む菅直人首相

   また、小沢氏が条件付きで出席を表明した衆院政治倫理審査会についても、

「(小沢氏は)自ら説明すると要っている。その言葉どおりの行動をとって欲しい」

と要望した。

   消費税の増税については、

「消費税を含む税制改革を議論しなければならない」

とし、与野党での協議を呼びかけた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中