2018年 7月 21日 (土)

JAL、アメリカン航空と共同事業

印刷

   日本航空(JAL)とアメリカン航空は2011年1月11日、11年4月から共同事業を開始すると発表した。日米間のオープンスカイ協定が締結されたことを受けたもので、旅客便の運航やチケット発券などの業務を両社共同で行い、年間で約130億円の収支改善を見込む。さらに、今は同じ時間帯に集中している両社の北米便を分散させるなどして、利便性も高める。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中