「組合に負けた」竹原氏3選ならず 出直し阿久根市長選

印刷

   鹿児島県阿久根市の出直し市長選は2011年1月16日投開票され、竹原信一前市長(51)のリコール(解職請求)運動を進めた住民団体元役員で新人の西平良将氏(37)が初当選した。投票率は82.39%、3選を目指していた竹原氏との得票差は864票だった。竹原氏は落選が決まった後に、「西平氏にではなく、市職員組合に負けた」などと敗戦の弁を述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中