2022年 1月 21日 (金)

小倉優子も契約問題で紛争泥沼化?  事務所は不信感隠さず

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   タレントの小倉優子さん(27)が所属事務所に契約終了を突きつけたと報じられ、事務所側が戸惑いを示している。同じ事務所と裁判沙汰になっている眞鍋かをりさん(30)のように、泥仕合の再現となってしまうのか。

「話し合いを始めるところだったのに…。情報が流れてしまって、何を考えているのか」

東スポが契約終了通知書の写真をスクープ

今回も暴露合戦に?
今回も暴露合戦に?

   所属事務所の代理人弁護士は2011年1月21日、取材に対し、小倉優子さん側への不信感を露わにした。

   情報とは、東京スポーツが19日発売号の1面トップで報じた特ダネのことだ。そこではなんと、優子さん側が10年11月9日付で事務所に送った契約終了の「御通知書」写真が載っていたのだ。

   記事によると、優子さんは09年5月29日に早くも、同年末で契約を終了するという解約通知書を送っていた。その後、事務所の実質オーナーが脱税事件で逮捕され、優子さんもスポンサーなどに迷惑をかけられないと事務所の仕事を続けた。しかし、優子さんは、ヘアスタイリストと結婚したいと明かしたのと同時に、10年いっぱいでもう仕事をしないことを今回の通知書ではっきりさせた。新しい移籍先も、ほぼ決まっているとしている。

   所属事務所を辞めたかった理由は、事務所が結婚に否定的だったことなど、先輩の眞鍋かをりさんと同様だという。きっかけは、実質オーナーの脱税事件で事務所に不信感を持ったことだと指摘している。

   東スポの特ダネは各紙も後追いし、「焼肉 小倉優子」が訴えられたことを報道で初めて知ったことや優子さんの確認なく勝手に仕事を進めたことなども動機になったと報じている。

   事務所移籍に2年近くもかけているのは、眞鍋さんが事務所と泥仕合になっている教訓からだという。つまり、暴露合戦によるイメージダウンも言われる眞鍋さんの轍を踏まないよう、「円満退社」を目指しているというのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中