谷垣総裁「政権の正統性崩壊」 衆院代表質問で指摘

印刷

   自民党の谷垣禎一総裁は2011年1月26日、衆院代表質問で、「(民主党の)マニフェストは虚言だった」と指摘し、「政権の正統性は崩壊した」と述べた。与謝野馨・経済財政担当相の入閣についても、与謝野氏か民主党かのどちらかが「変節した」と批判した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中