2019年 7月 24日 (水)

猿マネ「日本向けでなかった」 サッカー韓国代表の不可思議弁解

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   サッカーアジア杯・日韓戦で、韓国選手がペナルティーキック後に猿マネのポーズをしたことについて、本人は「日本に対してではない」と説明していることが分かった。大手韓国紙は、観客席の旭日旗を見て怒ったためなどと報じており、その発言が真意なのかは疑問の余地がありそうだ。

   ペナルティーキックを前半23分に決めると、テレビカメラに向かって鼻の下を伸ばし、膨らませた頬を左手で掻く仕草をして…。

東洋人として、欧米人に向けて行った??

大手韓国紙の見方とは矛盾
大手韓国紙の見方とは矛盾

   2011年1月25日の日韓戦では、韓国MFの奇誠庸(キ・ソンヨン)選手(22)がいわゆる「猿セレモニー」をしたと波紋を呼んだ。もともと、欧米人が東洋人を差別視してするものとされているらしい。

   大手韓国紙によると、奇選手は26日、その理由をツイッター上で明らかにした。「観客席に旭日旗があったのを見て、心の中で泣いた」といい、5時間後には「私は選手である前に韓国国民だ」とつぶやいたというのだ。中央日報の日本語版では、「旭日旗を見て怒りを抑えられなかったと解釈できる。旭日旗は日本帝国時代に使われた日本の軍旗で、現在は自衛艦旗だ。日本軍国主義の象徴だ」と説明している。

   日本のスポーツ紙各紙によると、奇選手は試合前に、不穏な言動をしていた。

   イランと対戦後に、日本戦について「精神的に戦争だ」と強調し、チーム全員が精神的に武装していることを明かした。また、日本のMF本田圭佑選手(24)に対し、足元を狙う「殺人タックル」を予告していた。その際、イエローカード1枚だけなら決勝戦に出られるとして、「カードをもらってもしょうがない」と話していたという。

   ところが、日本サッカー協会によると、奇選手は、韓国チーム統括責任者の事情聴取に対し、猿マネは「日本向けのパフォーマンスではない」と説明したというのだ。所属のスコットランド・セルティックでは、人種差別的なヤジなどを受けたといい、「東洋人として、欧米人に向けて行った」と言っているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中