2018年 7月 18日 (水)

大衆薬ネットで注文 東邦HD、サイト開設

印刷

   医薬品卸の東邦ホールディングスは2011年1月27日、インターネット上で一般用医薬品(大衆薬)を予約し、調剤薬局で受け取ることができるウェブサービス「e健康ショップ」を開始した。運営は医療情報サイトなどを運営する「eヘルスケア」との合弁会社が行う。

   09年6月施行の改正薬事法で、第1類、2類医薬品の対面販売が義務づけられ、副作用リスクの少ない第3類医薬品以外のネット販売は原則禁止となった。同サービスでは、ユーザーがネット上で第1~3類の大衆薬を注文し、指定された薬局に東邦ホールディングスが商品を2~3日で配送。薬剤師の指導を受けたうえで購入できるため、薬事法で決められた対面販売の原則を守っているという。

   同サービスでは11年1月時点で大衆薬約3000品目を取り扱い、初年度で1万、最終的には4万店舗の薬局の加盟を目指す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中