2019年 8月 25日 (日)

エジプトで前代未聞の「ネット鎖国」  なぜこんなことができるのか

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   騒乱が続くエジプトで、インターネットへの接続が遮断される事態が起こっている。これまでにも、中国やイランなどで、ネットを通じた抗議活動がエスカレートする例はあったものの、政府が行った対策は、掲示板の書き込みを消去させたり、ネットワークの帯域を制限したりするといった程度のもの。国外との接続が遮断されるのは前代未聞だ。どのようにして、今回の事態は発生したのか。

   ネットワークセキュリティーが専門の米レネシス社(ニューハンプシャー州)が公式ブログで発表したところによると、2011年1月28日7時34分(日本時間)、「ボーダー・ゲートウェイ・プロトコル」(BGP)と呼ばれるインターネット上の経路情報3500件が削除され、エジプトと国外とをインターネットで通信するための経路が消えてしまった。

政府が国内の4大プロバイダーに接続切断命令

   これは、フェースブックなどがデモの動員に影響したとされる他の国とは、やや性格が異なっている。例えば、チュニジアでは特定の通信ルートが遮断され、イランでは帯域を制限するなどの制限が加わった。中国でも、ツイッターに接続できないなどの制限があるものの、特定のソフトを使用してツイッターで発信するなどの「抜け道」はある。だが、国外とのインターネットによる通信が、これほど大規模に遮断されるのは過去に例がない。

   エジプト政府が国内の4大プロバイダーに対して、インターネットへの接続をすべて切断するように命じたことが背景にあるとみられており、エジプトでも事業を展開している英ボーダフォン社は

「エジプト政府は、エジプトの全携帯電話事業者に対して、指定された地域でのサービスを中止するように求めた」

などとする声明を発表している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中