「八百長メール」受け放駒理事長が謝罪

印刷

   大相撲の力士らによる八百長をうかがわせる携帯電話メール記録を警察が入手していたことが分かり、日本相撲協会の放駒理事長は2011年2月2日、臨時理事会の後、記者会見を開いた。放駒親方は「このような会見をしなければならないことに憤りを感じるとともに、心苦しく思っている。申し訳ない」と謝罪した。八百長メール問題は、2日付朝刊で毎日新聞が1面(東京最終版)で大きく報じるなどしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中