2018年 7月 19日 (木)

「八百長メール」受け放駒理事長が謝罪

印刷

   大相撲の力士らによる八百長をうかがわせる携帯電話メール記録を警察が入手していたことが分かり、日本相撲協会の放駒理事長は2011年2月2日、臨時理事会の後、記者会見を開いた。放駒親方は「このような会見をしなければならないことに憤りを感じるとともに、心苦しく思っている。申し訳ない」と謝罪した。八百長メール問題は、2日付朝刊で毎日新聞が1面(東京最終版)で大きく報じるなどしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中