2019年 10月 18日 (金)

メディアのウィキリークス化進む アルジャジーラに続きNYタイムズ参戦か

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   メディアの「ウィキリークス化」が思いもよらぬスピードで展開している。ウィキリークス以外にも情報リーク(流出)の受け皿が次々に開設されているのだ。機密漏洩をめぐって「ジャーナリズムでの軍拡競争」が始まるのではないかと警告する声が出始めている。

アルジャジーラがイスラエル・パレスティナ密約の特ダネ

   第二のウィキリークスになったのが中東の衛星テレビ局「アルジャジーラ」である。11年1月に「アルジャジーラ・トランスペアレンシー・ユニット」(AJTU)と呼ばれる内部告発サイトを立ち上げた。文書、写真、動画などでの情報提供に対応し、システム面では匿名性の確保に最大限の注意が払われているという。

   AJTUはさっそく大特ダネをものにした。日本ではあまり話題にならなかったようだが、中東和平交渉に関する大量の秘密文書を入手し、1月23日にメディア・パートナーの英「ガーディアン」紙とともに「パレスチナ・ペーパーズ」と題してその一部を公表した。

   ショッキングな事実が明らかになった。2008年5月の会談で、パレスチナ側は東エルサレムでイスラエル人が違法に開発した入植地の大半をイスラエル領に併合する案に内緒で同意したというのだ。

   それだけではない。文書数が全部で1600点にもなるパレスチナ・ペーパーズには、パレスチナ交渉団の譲歩案やイスラエル治安部隊とパレスチナ自治政府の水面下での緊密な協力関係などが克明に描かれているという。

   何者かがこの秘密情報を電子文書の形でAJTUに持ち込み、ガーディアンはアルジャジーラから独占的にこの文書ファイルを提供された。同紙の編集局はその信憑性を独自に調査し公開に踏み切ったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中