米世論48%は「在日米軍撤退すべきだ」

印刷

   米世論調査会社のラスムセンは2011年1月4日、米国有権者の約半数が在日米軍を撤退させるべきだと考えているとする電話世論調査の結果を発表した。

   調査によると、有権者のうち48%が米軍は日本から撤退し、地域は自国で防衛すべきだとの考えを示した。一方、米軍は日本に駐留すべきだとの回答は36%だった。「撤退すべきだ」との回答は、在欧米軍については48%にのぼったが、在韓米軍については30%にとどまった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中