乱交パーティーで有罪判決 高松地裁

印刷

   香川県内のロッジで男女を集めて乱交パーティーを開いたとして、公然わいせつほう助の罪に問われていた元会社員(39)の判決公判が2011年2月9日、高松地裁(西山志帆裁判官)であり、懲役4月、執行猶予5年の(求刑懲役4月)の判決が言い渡された。

   弁護側は、パーティーが会員制だったことから「不特定多数ではなく、『公然』にはあたらない」として無罪を求めていたが、地裁は「誰でも参加できた」などとして退けた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中