外相訪ロ「行かない方が良かった」 石破氏、菅政権の外交ぶりを批判

印刷

   自民党の石破茂政調会長は2011年2月13日、福井県越前市で行った講演の中で、菅政権のロシアへの対応を批判した。メドべージェフ大統領の北方領土訪問を、菅首相が「許し難い暴挙」と発言したことで、日ロ関係が大きく悪化したことを指摘。発言直後の前原誠司外相のロシア訪問について「行かない方が良かったのかも知れない」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中