24時間3D番組の放映スタート 米ソニーなどが専門局

印刷

   米国で24時間3Dの番組を流す放送局が誕生した。米ソニーとIMAX、ディスカバリー・コミュニケーションが設立した「3net」で、米国時間2011年2月13日、米衛星放送サービス「ディレクTV」の加入者に向けて番組の配信を始めた。

   「第1弾」として、3D向けに撮りおろした1時間番組「CHINA REVEALED」と「FORGOTTEN PLANET」、「INTO THE DEEP 3D」といったプログラムを放映。発表資料によると、同局は11年末までに3D向けに制作されたコンテンツを集めた「世界最大のライブラリー」の提供を目指すとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中