企業の5割、採用活動遅らせる 読売新聞調査

印刷

   読売新聞は2011年2月18日、主要企業を対象にした大学生の新卒採用に関するアンケート調査の結果を発表した。

   回答企業は116社。採用活動の開始時期を、現行よりも2か月以上遅い「2011年12月1日~12年2月末」にする、と回答したのは約5割の57社、現状維持の「10月1日~11月末」は4社、「その他・未定」は55社だった。

   採用活動について日本経団連は、開始時期を3年生の12月1日以降に遅らせるという指針を会員企業に出している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中