「幸福の科学」大川総裁を妻が提訴 「誹謗中傷で名誉棄損」

印刷

   宗教法人「幸福の科学」の大川隆法総裁の発言で名誉を傷付けられたとして、妻のきょう子さんが2011年2月24日、大川総裁と教団に計1億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたことが分かった。きょう子さんはすでに、東京家裁に離婚を申し立てているという。

   報道によると、きょう子さん側は、大川総裁が10年秋からきょう子さんを誹謗中傷した映像をセミナーなどで信者らに見せた、などとしている。幸福の科学の広報局は、マスコミ取材に対し、言い掛かりだなどとして、反訴を準備しているとコメントしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中