新車販売、2月は14.3%減 6カ月連続マイナス

印刷

   日本自動車販売協会連合会(自販連)が2011年3月1日に発表した2月の新車販売台数(登録車)は、前年同月に比べて14.3%減の25万2634台と、6か月連続で減少した。

   乗用車は16.2%減の22万6691台で、うち普通乗用車は18.4%減の10万7345台。小型乗用車は14.0%減の11万9346台。商用車は、普通貨物が10.7%増の8353台、小型貨物が6.8%増の1万6511台だった。

   一方、全国軽自動車協会連合会が同日発表した2月の軽自動車販売台数は、前年同月比9.0%減の14万8658台となった。5か月連続のマイナス。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中