2019年 7月 21日 (日)

大人気アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」 首食いちぎられる残酷シーン巡り苦情

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   残酷なシーンがある大人気アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」を放送するのはいかがなものか、とBPO(放送倫理・番組向上機構)に苦情が寄せられた。一方、ファン達はネットの掲示板やブログで「何の問題もない」と大反発している。

   BPOに寄せられた苦情や意見は同機構のホームページで見ることができる。

残酷描写を確信犯的に売り物にするアニメ?

   その中に、

「深夜アニメだが、怪物が少女の首を食いちぎるシーンが放送された。脚本家は、『これから毎週やらかしていく』などと残酷描写を売り物にするようなことを公言している。深夜とはいえ、テレビで残酷描写を確信犯的に売り物にする番組を放送するのはいかがなものか」

というものがあった。これは「まどか☆マギカ」のことを指している、とネットで騒ぎになった。

   「まどか☆マギカ」は2011年1月からTBS系で放送が始まり、早くも今年一番のアニメだといった評判が出ている。主人公の中学二年生の鹿目まどか(かなめ まどか)は、悪い魔女(化け物)を退治するため、特殊能力を持つ魔法少女になってほしい、と謎の生き物に誘われる。魔法少女になる決心がつかないまま、魔法少女・巴マミが魔女と戦うシーンに遭遇する。そして第三話で、マミは魔女に頭から噛みつかれ絶命。これが非常にショッキングなシーンだとネットで話題になり、「まどか☆マギカ」の人気をさらに高めることとなった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中