2019年 1月 22日 (火)

マックカード80%オフ「100円」  グルーポンの狙いはどこに

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   「グルーポン」をはじめとするクーポン共同購入サイトの人気が高まるなか、500円分の商品券を100円で買えるという告知が注目を集めている。どう考えても、企業側の「持ち出し」になるはずだが、どうしてこんなことが可能なのか。狙いはどこにあるのか。

   ネット上で話題になっているのが、グルーポンが2011年3月7日正午に5万枚限定で売り出した

「80%OFF【100円】≪全国マクドナルド『マックカード500円分(利用期限なし)』≫ハンバーガー・フライドポテト等でご利用可能」

と題したクーポン。「マックカード」は、全国の大半のマクドナルド店舗で使用できる商品券で、サイトの告知文では、

「お近くのマクドナルドで、ご利用頂ける『マックカード』が遂に登場です!皆様の元へHAPPYを、お届けします!」

などとうたっている。

グルーポンは1億円以上の「持ち出し」?

クーポン20万枚が12時間で完売した
クーポン20万枚が12時間で完売した

   購入手続きが完了すると、15~20日でマックカードの現物が郵送されてくる。購入できるのは「同一世帯につき1枚まで」という制限が付いているものの、500円分の商品券を100円で売り出している形で、当然のことながら注文が殺到。同日15時半頃には発売枚数を20万枚に増やすことを決めたが、翌3月8日0時5分頃には完売。12時間強で20万枚が売れた計算だ。

   単純に試算すると、1枚あたり400円の「持ち出し」なので、グルーポンにとっては、20万枚で8000万円の支出だ。これに、郵送費や封筒などの事務経費を含めると、総額では1億円以上を投じているものとみられる。

   ネット上では、安さを歓迎する声が大勢だが、

「ビジネスモデルが分かりません」

と、やや困惑する声も散見される。

日本マクドナルドのプロモーションとは関係ないと強調

   グルーポン・ジャパンでは、このクーポンの目的を

「本キャンペーンは新規会員獲得と既存会員様への購買促進とともに、お客様満足度向上を目的としたマーケティング施策と考えております」

と、マーケティングの一環だと説明。その上で、

「日本マクドナルド株式会社様のプロモーションとは一切関係ございません。また、日本マクドナルド株式会社様の提供・協賛によるものでは無い為、事前協議は行っておりませんが、マックカードの手配についてのお問い合わせはさせて頂いております」

と、クーポンはグルーポンが独自に売り出したことを強調している。

   グルーポンでは、今後も同様のクーポンを売り出すことを検討しているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中