2019年 8月 24日 (土)

68歳カダフィ氏がシワ取り注射 その影響で顔の表情がこわばる?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   混乱の続くリビアの最高指導者、カダフィ氏(68)が、顔のしわを取るための美容整形施術「ボトックス注射」を受けているという報道が出た。表情が硬くなっているのはそのためだ、という見方がでているが、そんなことはあるのだろうか。

   仏誌「ルモンド」2011年3月9日付けの報道によると、ウィキリークスが公開した、駐リビア米大使が09年春に作成したとする公電の中に、リビアの医師の話として、カダフィ氏の健康状態についての記述があった。

「カダフィ氏は極端に見栄っ張りな男」

   公電によると、その時期、カダフィ氏は健康に神経質になっており、複数の医師から診察を受けていたほか、長時間の昼寝をとっていた。

   カダフィが前立腺癌や喉頭癌を患っているという噂については「根拠がない」と否定。しかし、高血圧で、「糖尿病に近い状態の可能性がある」とする。

   そして、「カダフィ氏は極端に見えっ張りな男」だそうで、シワを取り除くためのボトックス注射を複数回受けていたとする。ルモンド紙は「顔の表情がこわばっているのはそのためだろう」と推測。また公電は、カダフィ氏は植毛手術も試みたが、拒絶反応が出たため失敗したとしている。

   ボトックス注射とは、ボツリヌス菌から作られた製剤を眉間や目尻、額などに打ち、表情を作る筋肉を麻痺させて動きを抑えることで、しわを目立たせなくさせる施術。比較的手軽に受けられる美容施術として広く認知されているが、表情が硬くなってしまうケースもあるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中