停電時の冷蔵庫、氷よりも保冷剤がオススメ

印刷

   冷蔵庫が3時間も通電しないと、食品が傷む可能性がある。こうした場合について、家庭用冷蔵庫の最大手パナソニックでは、サイト内のFAQ上で、冷蔵庫は断熱構造になっているので、食品がすぐに温かくなったり、冷凍庫内で溶けてしまったりすることはないとする。

   そのうえで、同社の広報担当者は、鮮度を保つため、ビニール袋に氷を入れたり、ケーキに付いているような保冷剤を使ったりすることを勧めている。「ただし、氷は溶けやすいので、保冷剤の方がオススメです」という。

   また、冷蔵庫の冷気が逃げないようドアをむやみに開け閉めせず、新たな食品の保存は避けるようアドバイスしている。

「痛みやすい食品を早めに食べることも、工夫の1つになるでしょう」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中