【寄付・支援】シダックスが、募金、支援物資にトイレ解放

印刷

   シダックスは、東北関東大震災の義援金募金を、2011年3月14日から3か月間の予定で始めた。レストランカラオケ全店、スペシャリティーレストラン全店、運営受託施設(いずれも被災地域を除く)の一部で実施。店舗に設置の「"マザーフード"基金」募金箱に募金する。

   また、同社では、被災地への社員派遣と緊急支援物資の提供も12日に行っており、福島県郡山市、宮城県仙台市の同社営業拠点で、水500mlペットボトル7200本、乾パン・パン類2600食分、マスク5000枚、 懐中電灯、トイレットペーパー、軍手などを配布した。16日以降も、福島県郡山市、宮城県仙台市、岩手県花巻市等の同社営業拠点で毛布、タオル、レトルト食品、米飯などを配布する。

   さらに、被災地内で安全が確保されたレストランカラオケ店舗で、携帯電話充電サービスの一般開放、お手洗いの一般開放などの対応を行っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中