2020年 9月 29日 (火)

福島第1原発重大局面 「最悪のメルトダウン」で何が起こるのか

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

   東京電力福島第1原発の2号機で爆発が起こった問題で、「再臨界」の危険性が指摘され始めた。メディアからは、旧ソ連のチェルノブイリ原発事故になぞらえる報道も出てきている。実際は、何が起こるリスクがあるのか。

   2号機では2011年3月15日早朝、大きな爆発音があり、原子炉建屋の損傷が確認された。「最後の砦」でもある、原子炉格納容器の一部である圧力抑制室(サプレッションプール)も一部損傷したものと見られている。

再臨界の危険性が指摘される

   この2号機をめぐっては、14日には原子炉格納器で燃料棒がすべて露出し、一時期は「空だき」状態に陥った。この時点で、核燃料の大半が解けるメルトダウン(炉心溶融)についても、東電は「否定できない」としていた。

   溶け出した燃料が圧力容器の下部にたまると、再び核分裂が連続して起きる「再臨界」が起こる可能性もある。この状態になると、制御がさらに難しくなる。

   例えば、反原発の立場を取る「原子力資料情報室」が3月15日に発表した声明では、

「今後も、炉水位の低下及び格納容器の損傷によって、さらに多量の放射性物質が放出される可能性がある」

と警告。同情報室が開いた会見でも、東芝で原子炉格納容器の設計をしていた後藤政志氏は、

「(溶けた核燃料が、格納容器に)落ちているときには横に広がるので、その形状で再臨界の起こりやすさが変わってくる。ある一定の規模があると、再臨界の危険性が出てくるのは間違いない」

と指摘した。

「チェルノブイリ型までにはいかないだろう」

と見るのは、かつて日立製作所で高速増殖炉の設計に携わっていた経済評論家の大前研一氏だ。大前氏は、3月13日にユーチューブ上で公開された動画の中で、

「炉心がメルトダウンする可能性はゼロではないが、仮にそれが起こっても、中の圧力容器じゃなくて(圧力容器の外側にある)格納容器の方に十分な(ホウ酸入りの)水が入っていて、そこに(溶けた核燃料が)落っこちてきた時には、多分それで止まる」

と述べた、

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中