2019年 9月 22日 (日)

自粛ムードに批判の声 本当に「不謹慎」なのか

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   コンサートなどの中止が相次ぎ、外食を控えるなどの自粛ムードが広がるなか、このムードを批判する声がネット上を中心に広がっている。だが、これらの意見には、「恥を知れ」といった罵詈雑言が投げつけられるケースもある。

「不謹慎という怪物が、各所で猛威」

   東北関東大震災にともなう計画停電で、繁華街のネオンが消え、人通りも減少。停電中に営業を休止する店舗が続出しているし、AKB48のコンサートや東京国際アニメフェアなどの大型イベントも、節電をするという狙いもあって中止が決まった。

   いわゆるアルファブロガーや、多くのフォロワー(読者)を持つツイッターの利用者からは、こんな状況に異議を唱える声が次々にあがっている。

   例えば、プロデューサーのおちまさと氏は3月14日、「『不謹慎』とは何か」と題した長文の記事をブログに掲載。

「何か目には見えない『不謹慎の地雷』を探り探りしながらの空気感がこの新たな月曜日にはまん延しているような気がした」
「この間の金曜日までは『不謹慎』ではなかった100のことの内98までは『不謹慎』の領域に入っている気がする」

などと訴えた。

   アルファブロガーとして知られる「切込隊長」こと山本一郎さんは、「不謹慎という怪物が、各所で猛威を振るっている模様」というツイッター上の声に対して、

「ほんと、欲しがりません勝つまでは、という感じで」

と返答。戦時下のような雰囲気の異常さを指摘した。

   NHK広報局のアカウントも、

「皆さん長い緊張状態が続いているようで、様々なところでイライラと批判と強い口調の言葉があふれています。だからこそ、このアカウントでは出来るだけ日常的なユルいツイートをしようと決めました。ご批判もあるとは思いますが、ご理解ください」

と宣言している。「そんな姿勢で大丈夫か?」との問いかけにも、

「大丈夫だ、問題ない」

と応じた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中