フジテレビ、首相会見中継中の「不適切音声」を謝罪

印刷

   フジテレビは2011年3月21日、菅直人首相の12日夜の記者会見の中継中に、「また原発の話なんだろどうせ」などの不適切な音声が混ざって放送された問題について、謝罪した。

   放送では、「ふざけんなよって、まだ原発の話なんだろどうせ」という男性の声や「だから、ここからあげられる情報はないっつってるのに」「あー笑えてきた」などの女性の声が、会見の中継とともに流れた。同局は、取材スタッフの声が混信してしまったもので、音声機器のトラブルに伴う人為的なミスとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中