2020年 1月 27日 (月)

「合板、断熱材、キッチン」手に入らない 震災の影響で住宅工務店が悲鳴

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東北関東大震災の影響で全国的に建築資材が不足している。工場が被災地にあって生産停止状態になったメーカーもあり、住宅工務店などが悲鳴を上げている。

   都内の住宅工務店では地震後、合板(ベニヤ板)やキッチン、断熱材、エコキュートが手に入りにくくなってしまった。「建築資材がないので着工したとしても工事を続けられるか分からない。こんなことは初めて」と話す。

震災で、手に入らない部品が続出

   東日本の広範囲で被害が出たため、建築資材メーカー各社に大きな影響が出ている。クリナップは、キッチンを作っていた福島県いわき市の主力工場が被災。被害は軽微だったが、現在も断水が続いており、操業を停止している。

   ダイキンは部品が調達できないためエコキュートの生産を停止。在庫を順次配送しているが、受注を停止している。リンナイも東北・関東地区に生産拠点はなく直接的な被害はなかったが、一部部品の仕入れ先が被災してしまったため、給湯機器や厨房機器の部品調達が困難になってきているという。

   住宅メーカーや建材メーカー関係者が口を揃えていうのが、合板がないことだ。西日本のとある木材仲買組合の担当者は「地震後、工務店からどこに行ったら合板があるのかと聞かれるんですが、逆にこっちが聞きたいくらい」と明かす。工務店から木材問屋に合板の注文があっても、ものがないので断るケースもあるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中