福島・天栄村産の牛肉から規制値超えるセシウム

印刷

   福島県天栄村で飼育されていた肉牛のもも肉から食品衛生法の暫定規制値を超える放射性セシウムが検出されたと、厚労省が2011年3月31日に発表した。食肉から規制値以上が検出されたのは初めて。

   肉牛が処理されたのは3月15日。規制値は1キログラム当たり500 ベクレルだが、この牛肉からは510ベクレルが検出された。保管済みで、市場に出回る可能性はないという。天栄村は福島第一原発から西に約70キロ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中