放射性物質飛散防止で散布作戦 原発敷地に合成樹脂

印刷

   東京電力は2011年4月1日、福島第1原発の敷地で合成樹脂の溶剤の試験散布を始めたと発表した。放射性物質の飛散を防ぐのが目的だ。約200平方メートルに400リットルを散布したという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中