福島天栄村産の牛肉、再検査では放射性物質検出されず

印刷

   福島県天栄村産の牛肉から暫定規制値を上回る放射性物質が検出されたと厚生労働省が発表した問題で、同省は2011年4月1日、再検査の結果、放射性物質は検出されなかったと発表した。

   同省は3月31日、同村産の牛のモモ肉から1キログラムあたり510ベクレルと、規制値を10ベクレル上回る放射性セシウムが検出されたと発表した。しかし、周辺で採取されたほかの肉に比べて高い値だったことから、同じ牛の肉を福島県が再検査していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中