景気判断6か月ぶり下方修正 4月の月例経済報告

印刷

   内閣府が2011年4月13日に発表した4月の月例経済報告は、景気の基調判断を「東日本大震災の影響により、このところ弱い動きとなっている」とした。前月までの「持ち直しに転じている」から6か月ぶりに下方修正された。与謝野馨経済財政担当相が同日午前の関係閣僚会議で報告した。

   部品や素材などのサプライチェーン(供給体制)の寸断、電力不足で企業の生産体制が滞っていること、消費マインドの悪化などから、持ち直しつつあった景気が一気に冷えたとみている。主要項目のうち、生産、輸出、個人消費の判断を下方修正した。企業収益と雇用は横バイ。

   景気の先行きについては「持ち直していくことが期待される」と指摘。今後のリスクについて、与謝野経済財政相は閣議後の会見で「電力供給と原発が最大の問題」と語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中