2018年 7月 19日 (木)

1~3号機「核燃料、溶融していた」 保安院やっと認める

印刷

   福島第1原発の事故について、経産省原子力安全・保安院の西山英彦審議官は、2011年4月18日の会見で、1~3号機の核燃料が溶融しているとの見方を初めて明らかにした。すでに内閣府の原子力安全委員会には報告済みだという。

   保安院はこれまで、核燃料について「損傷」との言い方にとどめていた。「溶融」に変えた理由について、1号機は水素爆発し、2、3号機はペレットが溶融して高濃度の放射性物質が検出されたことを挙げている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中