2018年 7月 22日 (日)

小中学生の優先避難始まる 計画区域の福島・川俣町

印刷

   原発事故の計画的避難区域になる見通しの福島県川俣町山木屋地区で4月18日、幼稚園児、小・中学生の優先避難が始まった。

   山木屋小の児童63人と山木屋中の生徒24人。区域外の川俣南小を間借りしての授業で、初日の18日は対面式が行われて、川俣南小の子どもたちと挨拶を交わした。

   代表の遠藤明香理さん(6年)が「いっぱい思い出のある山木屋小を離れるのはつらいけど、これから南小のみんなと仲良くなりたい」と呼びかけた。

   町は子どもたちの自宅からの避難先として町合宿所を確保。希望した児童、生徒17人が生活を始めた。合宿所には教師を配置、生活面、精神面でのケアも行う。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中