ファミマ、飯類の売り上げから一部寄付 7600店で実施

印刷

   ファミリーマートは2011年4月26日から5月23日までの間に売り上げた、おむすび、弁当、冷し麺の売り上げの一部を義援金として寄付すると発表した。東北地方と新潟県を除く全国の約7600店で実施する。

   対象商品は、おむすび(愛情むすび、金芽米)、弁当、冷し麺(こだわり麺工房)で、1品につき1円を日本赤十字社に送る。なお、寄付の時期は6月上旬を予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中