2019年 8月 25日 (日)

300万回再生ドコモ「森の木琴」CM 国内外で「美しい」と絶賛の嵐

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   NTTドコモの携帯電話「TOUCH WOODケータイ」のプロモーション動画が、世界中の注目を集めている。

   特設サイトで2011年3月から公開されている約3分の動画で、タイトルは「森の木琴」。森の斜面に44メートルにわたって並べられた巨大な木琴が、バッハの名曲「主よ、人の望みの喜びよ」を静かに奏でる、というものだ。

「日本の職人技はすごい」

   斜面に一直線に並べられているのは、1本1本違う長さに切られた手作りの木製鍵盤だ。その上を小さな木製のボールがゆっくりと転がり落ち、音を奏でるという仕組みで、ドミノ倒しのような仕掛けもある。バックには葉っぱの揺れる音や鳥のさえずりが聞こえ、思わず耳をすましたくなる。

   「からくり仕掛け」の装置は、日本ではNHK教育テレビの「ピタゴラスイッチ」に登場する「ピタゴラ装置」が有名だが、海外では「ルーブ・ゴールドバーグ・マシン」と呼ばれ、各国で親しまれている。ドコモの動画は、自然を利用した大掛かりな装置が評判となり、ネット上の口コミですぐに世界中に広まった。

   米紙「ニューヨークタイムズ」のブログ、「ディスカバリーチャンネル」など、多数の海外メディアも「素晴らしいアイデアだ」「美しい」と取り上げ、Youtubeに転載された動画の再生数は現在、300万回を突破している。動画に付いた1600件以上のコメントも、「日本の職人技はすごい」「木のぬくもりを感じる」「素晴らしい」「ブラボー!」など、海外から寄せられた賞賛の声ばかりだ。

   日本のネットユーザーからも、「これはすごい!」「心が癒される音色」と絶賛されており、動画の人気は公開から1か月以上たったいまも続いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中