2018年 7月 22日 (日)

四国電力社長、東電の賠償への負担に難色

印刷

   四国電力の千葉昭社長は2011年4月25日の記者会見で、東京電力福島第1原発の賠償負担を東電以外の電力会社にも求める案が検討されていることについて、「東電を救済するためのスキーム(枠組み)では、株主にもお客様にも納得してもらえない」と、否定的な見解を示した。ただし、将来の原発事故のリスクに対する保険料として、各社で資金をプールすることについては、前向きな考えを示した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中