ツイッターの投稿数、震災当日は通常の1.8倍

印刷

   NECビッグローブが2011年4月27日発表した東日本大震災後1か月のツイッター利用動向調査によると、震災が起きた3月11日の投稿数は約3300万件で、通常の1.8倍に増えていた。

   通常はエンターテインメント情報が約6割を占めているが、当日は7割が震災関連のツイートだった。震災後は1週間ほど1日当たり2500万件以上の日が続き、震災後1か月間のツイート数は、震災前と比べ20%以上増加した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中