原発作業員2人、被曝200ミリシーベルト以上 年間限度に迫る

印刷

   東京電力は2011年4月30日、福島第1原発事故の復旧に当たった作業員2人が、3月末時点で200ミリシーベルトを超える被曝をしていたと発表した。もっとも高かった1人は、国が引き上げた被曝放射線量限度(年間250ミリシーベルト)に迫る240.8ミリシーベルトの放射線を浴びていたという。

   東電は、3月末までに外部被曝が100ミリシーベルトを超えた作業員21人について、放射性物質の吸引などによる内部被曝の線量を測定した。その結果、内部と外部被曝合わせて200ミリシーベルト以上が2人、150~200ミリシーベルトが8人、150ミリシーベルト未満が11人だった。150ミリシーベルトを超えた作業員は、すでに現場作業から外れている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中