2018年 7月 19日 (木)

浪江町民のための番組、FMを通じて福島県内各地へ

印刷

   福島県本宮市のコミュニティーFMモットコムは、東日本大震災で県内各地に避難している浪江町民のための番組「ワンダフル浪江町」の放送を開始した。

   福島民報が伝えている。初回の放送は5月2日。馬場有町長の町民へのメッセージを届けた。馬場町長は「東電の原子力トラブルが長引き、復興が進まず歯がゆい思い。町民の皆さまに1日でも早く浪江町を取り戻すために頑張っていく」と語った。

   同番組では町からお知らせや、避難者の町民が現在の思いを語るコーナーなどを設ける。

   月曜から金曜までの17時30分から13分間。放送エリアは本宮、二本松、郡山各市と三春町、大玉村、福島市松川町。周波数は77.7メガヘルツ。インターネットでも聴くこともできる。問い合わせはFMモットコム(電話0243-24-9177)へ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中