2019年 6月 19日 (水)

震災被災者の優先採用相次ぐ マツモトキヨシ、福山通運、岩谷産業…

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   東日本大震災で失業した人や、内定を取り消された人を支援する企業の動きが相次いでいる。被災地から勤務地が遠い場合は求人と求職がかみ合わないケースも一部であるが、人手不足の企業も多く、各社はできるだけ雇用機会の拡大に取り組もうとしている。

   広島県福山市に本社を置く、運送業大手の福山通運は、震災発生後に失業した人を約300人、トラック運転手などとして、正社員採用する計画を立てた。

避難所でも被災地採用枠の求人情報を掲示

   勤務地は関東から関西にかけてとなるが、赴任のための交通費や引っ越し費用、入社後3カ月の社宅料金も全額会社負担とかなりの優遇措置も設けている。ただ、勤務地の遠さから求職者の反応は今一つで、300人採用できるかどうかは微妙な情勢だという。

   中国地方の企業では他にも、衣料品販売で岡山市に本社を置くクロスカンパニーも、今年度に予定している150人の正社員の中途採用者のうち、100人を東北地方で採用する。当面は神奈川や愛知、静岡などの店舗で働いてもらうことになるが、復興状況を見ながら東北地方の店舗での勤務ができるよう配慮する方針だ。

   被災地での勤務をかなえる企業もある。LPガス卸大手の岩谷産業(大阪市)では、グループ会社のイワタニ東北(仙台市)が、石巻、気仙沼、陸前高田、釜石といった被災地から、ガス関連の資格を持つ人を対象に約50人を雇用する。ハローワークを通じて募集をかけ、既に20人近い内定者が出たという。

   リクルートが運営する国内最大の転職情報サイト「リクナビNEXT」はネット上のほか、避難所でも被災地採用枠の求人情報を掲示。企業は支払う掲載料が無料ということもり、これまでに1万人を超える求人があり、企業側の旺盛な採用意欲を示した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中