2018年 7月 23日 (月)

国内のスマートフォンOSでアンドロイド首位

印刷

   調査会社のMM総研は2011年5月10日、2010年度の国内携帯電話出荷状況の調査結果をウェブサイトで発表した。

   この中で、スマートフォンの出荷台数は855万台に上り、前年比で約3.7倍と急増。携帯電話の総出荷台数の22.7%を占めた。基本ソフト(OS)別のシェアでは、米グーグルが開発した「アンドロイド」が57.4%となり、米アップルの「アイフォーン(iPhone)」に搭載されている「iOS」を抜いてトップに立った。「iOS」は37.8%で2位となり、アンドロイドと合わせるとシェアは95%を超える。

   メーカー別のシェアは、首位がアップルで、以下シャープ、ソニー・エリクソン、韓国サムスン電子と続く。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中