福島原発 1号機建屋地下に大量の汚染水

印刷

   東京電力は2011年5月14日、福島原発1号機の原子炉建屋地下に多量の水たまりがあることを明らかにした。水は格納容器内から漏れ出していると見られ、高濃度に汚染されている可能性が高い。これにより格納容器全体を水でみたして本体を冷却する「水棺」の実施は不可能になった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中