JRA大江原騎手、騎乗前のツイッターで停止処分

印刷

   日本中央競馬会(JRA)は2011年5月15日、調整ルームで携帯電話を使用したとして、大江原圭騎手(21)を6月13日まで30日間の騎乗停止処分とした。

   JRAによると大江原騎手は14日、公正確保のため外部との通信が禁じられている調整ルーム内で、携帯電話を通じてツイッターを閲覧。この際、誤って他者の投稿をリツイート(転送)する操作をしてしまったという。14日、外部からの指摘があり発覚した。

   JRAでは、調整ルーム内に携帯電話を持ち込む際には電源を切ることを求めている。今後は再発防止のため、関係者への周知を徹底していくという。

   大江原騎手は2008年にデビュー。通算4勝を挙げている。15日は京都競馬場で騎乗予定だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中