2018年 7月 19日 (木)

ハーグ条約加盟を閣議了解 国際結婚破綻後の子どもの扱い問題

印刷

   政府は2011年5月20日の閣議で、国際結婚が破綻した後の子どもの扱いを定めた「ハーグ条約」に加盟することを了解した。

   条約では、子どもはいったん元の居住国に戻して決着させることを原則としている。加盟については、法制審議会に6月に諮問し、12年の通常国会に関連法案を提出する。条約加盟は、菅直人首相が26日開幕のG8サミットで表明する予定だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中