2018年 7月 21日 (土)

パチンコ業界誌が激烈石原知事批判 「狂った果実」「お前は金正日か」

印刷

   パチンコ業界誌「PiDEA(ピデア)」の表紙や内容が「凄いことになっている」と話題になっている。石原慎太郎都知事(78)が東日本大震災以降、「パチンコやめちまえ」といった発言を繰り返したことに対するパチンコ業界の反論と、過激な都知事批判が特集されているからだ。

   パチンコ業界関係者は、自分達は口に出せないことで、「よくぞ書いてくれた!」と大絶賛している。

「『老害』都知事にパチンコ業界猛反発!」

「PiDEA」の表紙
「PiDEA」の表紙

   「ピデア」2011年5月20日発売の67号の表紙は、石原都知事の大きな顔写真が掲載されている。石原都知事の代表小説「狂った果実」をもじり、赤い色の大きな見出し「狂ったいしはら(果実)」を躍らせている。「『老害』都知事にパチンコ業界猛反発!」というサブタイトルも付いている。

   さらに特集の冒頭には「悪魔の生まれ変わり」の見出し。そして、「石原よ、お前は金正日か!?」のタイトルにはこんな文章が綴られた。

「はったり、虚言、私物化、独裁によってつくられた石原の愚劣な政策が、パチンコ業界にも波及しているのである」

   今回の特集で最も強調しているのが「パチンコやめちまえ」と都知事が記者会見で発言した根拠の一つ、パチンコの消費電力についてである。同誌によると、東京電力管内には4000軒のパチンコ店があり、ピーク時の最大使用電力は84万キロワット。知事が言うほど多くはないというのだ。今夏の最大使用電力6000万キロワットに比べると1.4%にすぎない、としている。キャバクラやゲームセンターなど電力を使う店は多いのに、パチンコだけを攻撃しているのは、

「節電を口実にしたパチンコ屋叩きであり、意図的な職業差別だ」

といったパチンコホール関係者のコメントを掲載している。

「よくぞやってくれた!というのが感想」

   ネットでは「パチンコ業界紙PiDEAすげー」などと騒ぎになった。そのため「ピデア」のサイトにアクセスが集中。2011年5月25日には繋がりにくくなってしまった。「アニメやマンガ業界もこれくらいやればいいのに」といった都の青少年育成条例改正を批判するコメントも出ている。

   業界関係者に話を聞くと、東京電力管内で最大の組合員数を抱える東京都遊技業協同組合や、全国のホール関連5団体が都知事に対し抗議文や発言の訂正を求める文書を送り、都知事に対する怒りを表明している、と説明する。震災以前にもパチンコ店に対する批判はあり、石原発言によってそれがさらに強まった、と関係者は打ち明ける。そうしたなかで発売された最新の「ピデア」。

「石原発言に含まれているウソや、なかなか面と向かっては言えないことなどが載っていて、よくぞやってくれた!というのが感想です」

と業界関係者は話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中