2020年 7月 11日 (土)

朝日新聞に文春の「黒塗り」広告 東電社長人事「誤報」指摘に反発?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   読売新聞が東京電力次期社長の名前を誤報した問題が、週刊誌の広告に飛び火した。週刊文春が誤報の背景を解説する記事で、朝日新聞も同様に誤報をしたと指摘。これが朝日の反発を招いたのか、朝日新聞に掲載された文春の広告では、朝日の名前が「黒塗り」にされたのだ。

   朝日新聞は、広告の原稿を黒塗りされた状態で受け取ったと説明しているが、読売新聞に掲載された広告は、どういう訳か黒塗りされていない。

「『西沢俊夫新社長』読売 ●●はなぜ間違えた」

   毎週木曜日の新聞各紙の紙面には、木曜日発売の週刊文春、週刊新潮などの広告がいっせいに掲載される。通常、両誌は朝日新聞と読売新聞には同じサイズで広告を出稿するので、同じ内容の広告が両紙に載るはずだ。ところが、2011年5月26日朝刊は違った。読売新聞に掲載された週刊文春6月2日号の広告の中には

朝日新聞に掲載された週刊文春の広告。「『西沢俊夫新社長』読売●●はなぜ間違えた」と、「朝日」の2文字が黒塗りされている
朝日新聞に掲載された週刊文春の広告。「『西沢俊夫新社長』読売●●はなぜ間違えた」と、「朝日」の2文字が黒塗りされている
「『西沢俊夫新社長』読売 朝日はなぜ間違えた」

という見出しがあるが、これが朝日新聞では

「『西沢俊夫新社長』読売 ●●はなぜ間違えた」

と、いわゆる「黒塗り」の処理がされていた。

   文春の記事は、読売新聞が5月20日朝刊の1面トップで「東電社長に築舘氏」と題して掲載した記事が「想定外の大誤報」(文春)になった背景を報じたもの。読売新聞の記事では、

「原発事故の責任を取って清水正孝社長(66)が辞任し、後任に築舘勝利常任監査役(69)を宛てる人事も固めた」

と報じたものの、同日午後の決算会見では、西沢俊夫常務(60)が6月末の株主総会で昇格する人事が発表された。読売新聞は、5月21日朝刊1面に、

「20日朝刊で『東電社長に築舘氏』との記事を掲載しましたが、誤りでした。おわびします」

との「おわび」を掲載し、誤報を明確に認めている。

   だが、文春の記事では、朝日新聞も同様の誤報をしていたと指摘。記事では、「読売関係者」と名乗る人物が、読売の誤報の背景を

「現場の記者は反発したものの、ある編集委員がネタを掴(つか)んで押し込んだようです。記事では東電の最終赤字が1.5兆円と書かれていますが、実際は1.2兆円」

と解説する中で、朝日新聞についても、

「実は、朝日も同日の夕刊で社長人事と赤字額を同じように間違えていました」

と言及している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中