班目委員長「一体私は何だったんでしょう」

印刷

   東京電力が福島第1原発1号機への海水注入を中断せずに続けていたと訂正した問題について、原子力安全委員会の班目春樹委員長は2011年5月26日の会見で、「中断がなかったら、一体私は何だったんでしょう、教えてください」と苦笑いしながら語った。

   政府・東電統合対策室の当初の発表では、班目委員長は東日本大震災翌日の3月12日に再臨界の可能性を指摘し、それが注入中断の判断につながったとされていた。しかし、班目委員長はこれを否定。対策室は班目氏の発言を「可能性はゼロではない」に修正している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中