2019年 8月 18日 (日)

中傷書き込みで投稿者開示命令 麻木久仁子さん「賠償と謝罪広告求める」

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   タレントの麻木久仁子さんが、インターネットの掲示板への書き込みで名誉を傷つけられたとして、プロバイダ業者の浜松ケーブルテレビ(浜松市)に投稿者の情報を開示するよう求める訴訟を起こし、勝訴した。「書き込みは事実ではなく名誉毀損は明らか」で、相当ひどい内容だったようだ。

   判決は2011年5月26日、静岡地裁浜松支部で行われた。

メールアドレスや名前、住所などの情報開示を命じる

   これまでの報道をまとめると、書き込みがあったのは1月4日。浜松ケーブルテレビのプロバイダを経由して2ちゃんねるに書き込まれた。中野琢郎裁判官は判決で、「記載内容が社会的信用を低下させるのは明らかで、真実でもない」と述べ、同社に投稿者のメールアドレスや名前、住所などの情報開示を命じる判決を下した。

   麻木さん側は、投稿者に損害賠償と謝罪広告の掲載を求めるため、同社に情報開示を求めていた。

   浜松ケーブルテレビによると、3月中旬に麻木さん側から情報開示を求める連絡があった。これに対し、書き込みが名誉毀損に当たるかどうかは同社で判断できないとして開示を拒否。その後、4月初旬に麻木さん側が裁判所に訴状を提出したという。判決には従う方針だとしている。

   それにしても、一体どの書き込みが問題だったのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中