2018年 7月 23日 (月)

犬を飼う日本人と猫を飼う欧米人 お国柄それぞれのペット事情

印刷

   「犬と猫、ペットにするならどっち?」。これを日本と欧米で比べてみると、日本では犬が猫を上回っていて、欧米では猫が上回っている。といって、日本人は犬好きで、欧米人は猫好きかというと必ずしもそうではないようだ。

   ペットフード協会の調べによれば、2010年に全国の家で飼われている犬の数は1186万1000匹、猫は961万2000匹(外猫は含まれない)。飼育世帯は犬が941万4000世帯。猫は558万8000世帯。今後飼ってみたい動物を聞いたところ犬が34.2%、猫が19.1%だった。

犬を飼うためのハードルが高い欧米

   海外ではどうかといえば、イギリスのペットフード製造者協会(PFMA)のホームページにはヨーロッパの5500万世帯がペットを所有していて、うち猫が4700万匹、犬が4100万匹飼われている。 アメリカで飼われている猫は7600万匹で、犬は6070万匹だ。

   イギリスのインデペンデント紙の電子版(11年4月4日)によれば、イギリスでは猫が94年から一番人気のペットになっているのだという。ただし、ピーク時の960万匹から現在は1割程少なくなっていて、犬の830万匹に並ばれそうだ、と書いている。

   ベネッセコーポレーションが発行するペットとの生活雑誌「いぬのきもち」「ねこのきもち」の発行部数を比べてみる15・6万部、10・8万部と「いぬのきもち」の方が多い。

   日本と欧米の差はどういうことなのだろうか。単純に日本は猫よりも犬好きが多く、欧米は逆といっていいのだろうか。ペットショップチェーン大手センチュリーペットの中尾哲也マネージャーによれば、犬も猫も家族として受け入れているのは同じだが、欧米の場合は犬を飼うためのハードルが日本に比べ非常に高いのだという。

   ペットショップはあっても、販売に制限がある。そのためブリーダーなどを通じて犬を引き取るのが一般的だが、飼育に適切な家庭なのかどうか、審査があるのだそうだ。さらに、犬のためにトレーナーを雇うなどし、各種の技能を身に付けさせるための訓練を行う。また、飼い主が虐待などの行動をすれば通報されるなど周囲の目も厳しい。

「犬の場合は相当な覚悟と経済力がなければ飼えないわけです。一方で猫は犬のような縛りが少なく飼いやすい。欧米で猫を飼う人が多いのはそんな理由もあります」

と中尾さんは話す。

犬は息子や娘、猫は「同居人」?

   日本では犬の市場が猫よりも圧倒的に大きい。理由の一つに、猫は捨て猫を拾い飼うこともあるが、犬はペットショップなどで購入することが多い。ペットフード協会の調査で犬を飼いたいと思っている人が猫の約2倍あることについては、個体差はあるものの、犬は飼い主に対するアピール度が高いことに加え、人間との意思疎通の能力が高く、教えれば芸を覚えたりするなど、手間を掛ければ掛けるほど返ってくるものが多い。

「飼い主は、犬を教育して育てたという一体感、充足感があるわけです。そのため昔から犬の人気は高い。犬も猫も家族ですが、犬は息子や娘に似た感覚で、猫は『同居人』というところでしょうか」

と中尾さんは分析する。

   犬が飼い主に従順なことに重荷と感じる人もいる。一方で猫は、犬と比べれば育てる手間が少なくて済むし、マイペースだからお互いの距離を取って生活することもできる。犬を飼いたいか、猫を飼いたいか。最終的には飼い主の好み、ということのようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中